愛媛、松山で債務整理,過払金請求,グレーゾーン,利息制限法のことなら弁護士法人はるか愛媛支部愛媛松山法律事務所へ

自己破産 とは

自己破産とは借金が払えなくなった人が、自ら裁判所に破産の申し立てをすることを言います。
自己破産手続は裁判所が中心となって自宅などの全財産を、債権者全員に公平に分配すると同時に、自己破産者の借金を法律の定める免責不許可事由に該当しない限りゼロにして、自己破産者に生活の再建と建て直しのチャンスを与えるという法律で認められた方法です。

自己破産の流れ

1.弁護士から業者に受任通知書を発送

受任通知が業者に届いたら、あなたへの請求が止まります。
         

2.自己破産を申立

申立書を作成し、管轄の地方裁判所に提出します
         

3.破産の審尋・決定

裁判官から経緯について質問をされることがありますます。(審尋は行われないこともあります。)
         

4.免責の審尋・決定

裁判官から経緯について質問をされることがあります。
1~2ヵ月後に決まります。(審尋は行われないこともあります。)
         

5.官報に公告

         

6.免責の確定

裁判官から免責不許可事由に該当しないか質問されます


自己破産のメリット

○取立てが止まります。
○免責不許可事由に該当しない限り、借金がゼロになります。
○借金生活から抜け出し、生活の再建が図れます。

自己破産のデメリットとは?

○マイホームなど資産価値の高い財産は手放すことになります。
○免責を受けるまでの期間、一定の職業に就けません。
○ブラックリストに登録されます。但し、金融機関のキャッシュカードは作れます。
○官報に掲載されます。但し、一般の人が官報を見る機会はあまりありません。